ホーム > 牛舎館 > 市内の小学生が牛舎館見学

市内の小学生が牛舎館見学


今日、市内の小学3年生の1クラス、約20人くらいが牛舎館を見学に訪ねてきてくれました。
見学風景
おじいちゃんの案内で、みんな熱心にメモを取りながら。「今だったら機械で一発なのに、昔の人はこんな風にやっていたんだなってことがわかって、なんだか感動」なんて感想でした。
もみすり風景
このように、実際に使ってもらえるところが、そこらの資料館との違いかな。
ちなみにこれは「もみすり」をしているところです。スーパーでできあがった「お米」しか見たことない子どもにとっては、「稲」から「お米」への変化を実感できる最高のひとときです! なにより、ぐるぐる動かせて、子どもたちはほんとうに楽しそうでした。
情報社会生活研究所では、こんなふうに、団体での牛舎館見学を歓迎しています。あらかじめ予約いただければ、実際に古農具を利用して体験したり、「はたけスーパー」と組み合わせて、収穫体験の提供も可能です。昔の生活をしのびつつ、農業体験なんて、魅力ですよね。
体験内容によっては実費をいただきますので、お問合せください(jimu@shiftup.jp)。

コメント(閉):2

細見の一日 2006年2月28日

牛舎館見学

春日町中山にある「牛舎館」に3年生と見学に行った。小橋家みんなで歓迎していただき、大変感激した。

子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ 2007年1月6日

今どきの小学生が語る勉強事情とは

先日ライブドアニュースに、「今どきの小学生が語る勉強事情」という記事がのっていました。記事には、大手学習塾や進学塾と呼ばれるところでは、お正月が開けると早々冬期…

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://shiftup.jp/a/40/trackback
トラックバックの送信元リスト
市内の小学生が牛舎館見学 - 情報社会生活研究所 より

ホーム > 牛舎館 > 市内の小学生が牛舎館見学

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る