ホーム > たんばライフツーリズムコンソーシアム > シンポジウム「田舎体験の”今”を考える」開催

シンポジウム「田舎体験の”今”を考える」開催


去る2月4日(日)、地域情報化サポーターミーティングinたんば「田舎体験の”今”を考える」を開催いたしました。
この集まりは、兵庫県と兵庫ニューメディア推進協議会の主催で、地域内の情報化に関心のある方々の掘り起こしを目指したものです。
当研究所は、兵庫県の企画管理部・情報政策課と協力して、理事の岡田哲和を実行委員長として、開催を支援いたしました。当日はほぼ満席で、たいへん有意義な時間となりました。ありがとうございました。
会場の様子
基調講演は、松下政経塾の25期生で、NPO法人ローハスクラブの國田かおるさんにお願いし、「ロハスな取り組みしてみませんか?」として、たいへん刺激的なお話をいただきました。
第2部は、兵庫大学の田端和彦助教授にコーディネートをお願いし、地域からの実践報告です。細見隆昭さん(丹波市立西小学校 教諭)には「地域と手をたずさえて進める情報教育」と題して小学校での情報発信を活用した教育の状況を、笹倉武史さん(NPO法人ニッポン・アクティブライフ・クラブ NALC(ナルク)丹波 事務局長)には「子育て支援・子どもの冒険ひろば」の様子を、また山中信彦さん(NPO法人いぬいふくし村 事務局長)には「障害のある人たちの生活支援」について、そして柳田明子さん(丹波黒さや大納言小豆 生産者)には地域情報レポーターとしての活動や子育て支援の様子について、ご報告いただきました。バリエーションに富んだ報告で、とても有意義でした。
その後、会場では交流会を開催し、親睦を深めました。
参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

コメント(閉):1

細見の一日 2007年3月29日

ロハスな取り組み!?

兵庫県、兵庫ニューメディア推進協議会主催の「地域情報化サポーターミーティングin丹波〜田舎体験の”今”を考える〜」が篠山市民センターにて開催された。私はパネラー…

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://shiftup.jp/a/82/trackback
トラックバックの送信元リスト
シンポジウム「田舎体験の”今”を考える」開催 - 情報社会生活研究所 より

ホーム > たんばライフツーリズムコンソーシアム > シンポジウム「田舎体験の”今”を考える」開催

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る