ホーム > 過去の事業 > 地域起業家養成研修

地域起業家養成研修のアーカイブ

地域起業家養成研修第2期生募集開始しました

 昨年好評をいただいた「地域起業家養成研修」第二期の受講生を募集します。
 地域起業家養成研修は、丹波市・慶應義塾大学と共同で実施するもので、市内で起業もしくは第二創業をされた方、これから起業もしくは第二創業を予定されている方を対象に、ビジネス・スクールを開催します。
 本講座は、慶應義塾大学大学院経営管理研究科が提供するプログラムによる授業を遠隔型(テレビ会議方式)で受講できる本格的ビジネス講座です。
 こ下記の事項をご確認のうえ、ご応募ください。

カリキュラム(日程)
カリキュラムは3つのモジュールから構成され、各モジュールは4つのセッションからなります(合計12セッション)。授業は特定の教育課題を学ぶことを目的に作成された実際の企業の活動事例(ケース教材)に基づいたディスカッションを中心にしています(ケースメソッド教育)。
第二期生(全12回)
第1モジュール

  • 4月15日(水)19:00-21:00 サテライト会場
  • 4月22日(水)19:00-21:00 サテライト会場
  • 4月28日(火)19:00-21:00 サテライト会場
  • 5月 9日(土)13:00-16:00 スクーリング会場
第2モジュール

  • 5月20日(水)19:00-21:00 サテライト会場
  • 5月27日(水)19:00-21:00 サテライト会場
  • 6月 3日(水)19:00-21:00 サテライト会場
  • 6月13日(土)13:00-16:00 スクーリング会場
第3モジュール

  • 6月24日(水)19:00-21:00 サテライト会場
  • 7月 1日(水)19:00-21:00 サテライト会場
  • 7月 8日(水)19:00-21:00 サテライト会場
  • 7月18日(土)13:00-16:00 スクーリング会場
受講場所
講義は全国5地域(受講生計15名)のサテライト会場と慶應義塾大学ビジネス・スクール(神奈川県横浜市)をインターネット回線を通じて双方向通信のテレビ会議システムでつないで行われます。ただし、モジュールごとに1度、全国の受講者が集合し対面で行うスクーリング(集合研修、場所は東京)が予定されています。

  • サテライト会場=丹波市立氷上勤労青少年ホーム2階(丹波市氷上町成松字甲賀1番地)
  • スクーリング会場=東京
受講対象者
以下の5つの要件をすべて満たす方とします。

  1. 一定の社会人経験を基に起業を計画中または起業直後の方
  2. 3モジュールを継続して受講でき、ケースメソッドの討議に必要となる予習が可能な、受講意欲の高い方
  3. 授業開講日にサテライト会場に通学可能な方、また東京でのスクーリング授業にも参加可能な方
  4. 地域社会への貢献という視点を持ち、地域及び本人の資源を活用した実現可能な事業計画がある方
第二期生募集要項
【募集人員】3名(応募多数の場合は書類選考)
【応募締切】3月3日(火)必着
【受講料】無料(スクーリング会場までの交通費は市が負担いたします)
【応募方法】
下記より所定の応募書式をダウンロードし、必要事項を記入の上、メール送信、郵送または持参ください。
お問合せ・応募窓口
丹波市企画部企画課 ふるさと定住促進係
 〒669-3692 丹波市氷上町成松字甲賀1番地
 TEL 0795-82-0916
 FAX 0795-82-5448
 E-Mail kikaku@city.tamba.hyogo.jp
応募用紙
こちら「慶応大学大学院経営管理研究科ホームページ」よりダウンロードしてください。
その他
修了者には慶應義塾大学ビジネス・スクールの修了証を発行します。

主催:特定非営利活動法人情報社会生活研究所/丹波市
提供:慶應義塾大学大学院経営管理研究科
応募用紙をダウンロード

丹波市地域起業家養成研修 聴講生募集

先日ご案内した「丹波市地域起業家養成研修」に多数のご応募いただき、ありがとうございました。
厳正なる審査の結果、第一期生として3名の方を選出いたしました。
なお、この研修は、聴講(見学)を受け付けております。聴講も無料です。ご希望の方は、講義の始まる10分前までに会場にお越しください。
KBS実施風景
(会場の様子)
会場=丹波市立氷上勤労青少年ホーム2階
(丹波市氷上町成松字甲賀1番地、丹波市役所敷地内向かい)

  • 1月18日(金)19:00-21:00
  • 1月25日(金)19:00-21:00
  • 2月 1日(金)19:00-21:00
  • 2月15日(金)19:00-21:00
  • 2月22日(金)19:00-21:00

なお、収容人数に限りがありますことをあらかじめご了承ください。また、講義が始まってからの入室はお断りする可能性があります。あわせてご了承くださいますよう、お願いいたします。

丹波市地域起業家養成研修 研修生募集

 特定非営利活動法人情報社会生活研究所では、丹波市と共同で、市内で起業もしくは第二創業をされた方、これから起業もしくは第二創業を予定されている方を対象に、ビジネス・スクールを開催します。
 本講座は、慶應義塾大学大学院経営管理研究科が提供するプログラムによる授業を遠隔型(テレビ会議方式)で受講できる本格的ビジネス講座です。
 この度、第一期受講生を募集します。下記の事項をご確認のうえ、ご応募ください。

カリキュラム(日程)
カリキュラムは3つのモジュールから構成され、各モジュールは6つのセッションからなります(合計18セッション)。授業は特定の教育課題を学ぶことを目的に作成された実際の企業の活動事例(ケース教材)に基づいたディスカッションを中心にしています(ケースメソッド教育)。
第一期生(第1クール、全18回)
1月 – 3月 第1モジュール

  • 1月18日(金)19:00-21:00 サテライト会場
  • 1月25日(金)19:00-21:00 サテライト会場
  • 2月 1日(金)19:00-21:00 サテライト会場
  • 2月15日(金)19:00-21:00 サテライト会場
  • 2月22日(金)19:00-21:00 サテライト会場
  • 3月 8日(土)時間未定    スクーリング会場

4月 – 6月(予定)第2モジュール
7月 – 9月(予定)第3モジュール

受講場所
講義は全国5地域(受講生計15名)のサテライト会場と慶應義塾大学ビジネス・スクール(神奈川県横浜市)をインターネット回線を通じて双方向通信のテレビ会議システムでつないで行われます。カリキュラムは3ヶ月ごとに1モジュールとなっており、モジュールごとに1度、全国の受講者が集合し対面で行うスクーリング(集合研修)が予定されています。

  • サテライト会場=丹波市立氷上勤労青少年ホーム2階(丹波市氷上町成松字甲賀1番地)
  • スクーリング会場=東京
受講対象者
以下の5つの要件をすべて満たす方とします。

  1. 1年以内に丹波市内で起業または第二創業の具体的な計画のある方(もしくは3年以内に丹波市内で起業された方)
  2. 企業等での5年以上の就業経験がある方
  3. ケース教材の予習時間が確保でき、授業当日に積極的に発言できる方
  4. 授業開催日にサテライト会場に通学可能な方
  5. モジュール中1回のスクーリングに参加可能な方
第一期生募集要項
【募集人員】3名(応募多数の場合は書類選考)
【応募締切】1月7日(月)必着
【受講料】無料(スクーリング会場までの交通費は市が負担いたします。)
【応募方法】
下記より所定の応募書式をダウンロードし、必要事項を記入の上、メール送信、郵送または持参ください。
お問合せ・応募窓口
丹波市企画部企画課 ふるさと定住促進係
 〒669-3692 丹波市氷上町成松字甲賀1番地
 TEL 0795-82-0916
 FAX 0795-82-5448
 E-Mail kikaku@city.tamba.hyogo.jp
その他
修了者には慶應義塾大学ビジネス・スクールの修了証を発行します。

主催:特定非営利活動法人情報社会生活研究所/丹波市
提供:慶應義塾大学大学院経営管理研究科
応募用紙をダウンロード

ホーム > 過去の事業 > 地域起業家養成研修

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る