ホーム

情報社会生活研究所

暴走する「世間」―世間のオキテを解析する

暴走する「世間」―世間のオキテを解析する (木星叢書) おもしろい。非常に刺激的。
世間学については、以前にも『世間学への招待』などで触れて、その着想を新鮮に感じていた。こちらも入門書としておもしろく、お薦めだ。
それで。
ぼく自身は「世間」が日本を読み解くために有効な枠組みであると感じる一方で、現代においてそれは、どちらかというと退潮しつつあるものと考えていた。世間を形作っている(とぼくが考えていた)コミュニティが薄れているからだ。
しかし。 続きを読む

親密性の社会学―縮小する家族のゆくえ

親密性の社会学―縮小する家族のゆくえ (SEKAISHISO SEMINAR) 介護の社会化が進められている。
それはたとえば、介護保険制度を導入し、介護士などによるケアができる体制を整えることを意味している。つまり社会化とは、介護や育児といった、これまでは家庭内で担われてきた役割を家族から切り離し、社会としてめんどうをみようということだ。
同じようなことを、専門用語で「脱埋め込み」と言う。 続きを読む

地域切り捨て―生きていけない現実

地域切り捨て―生きていけない現実 力作。
学術的な冷静な視点と、ジャーナリストによる現場の熱い空気が、よい混合をみせている。地域問題を考える人は必読。
ここには、数多くの「生きていけない現実」がある。
現実に押しつぶされるような感覚というのは、こういう感覚を言うのだろうか。
しかし本書は、その現実に対して、ただ苦しいと報告するだけではない。
ひとつの統一した視点のもとで、この現実を招いた構造を照らし出す。 続きを読む

子どもの脳と仮想世界―教室から見えるデジタルっ子の今

子どもの脳と仮想世界―教室から見えるデジタルっ子の今 教室から見える、とあるように、著者の戸塚さんは長年教育の現場で子どもたちに接してきた教師であり、ITを利用した授業でも先進的な取り組みをしてきた人。
その経験をふまえた印象的なエピソードが第四章に描かれている。
それは、マコたんの話。 続きを読む

日本人の意識と行動―日本版総合的社会調査JGSSによる分析

日本人の意識と行動―日本版総合的社会調査JGSSによる分析 日本版総合的社会調査(JGSS)というのは、2000年から行われている調査。
世帯構成や職業などのほか、政治意識や人生観、友人関係にいたるまで、多岐にわたる項目について尋ねる、ものすごい内容だ。サンプル数はおよそ5000で、6割くらいの回収率という。
調査結果は、実施から1年半後をめどに、個票ベースまで公開される。これを活用すれば、印象ではなくデータに基づいた論考が可能なのである(詳しくは「JGSSサイト」参照)。
本書は、その2000年から2003年までの結果をもとに、さまざまなテーマについて「日本人の意識と行動」を明らかにしたもの。 続きを読む

マンスリーレポート第5号発行しました

『情報社会生活マンスリーレポート』2008年第5号をお届けします。
1ヶ月の情報社会生活関連の最新動向をコンパクトにまとめたレポートです。PDF形式で無料でダウンロードできます。ぜひご一読ください。
【主な内容】
巻頭コラム(2ページ)
クリップ紹介(8ページ)【見本画像
新サイト紹介(2ページ)
新語紹介(2ページ)【見本画像
お問合せ先:情報社会生活研究所 事務局(jimu@shiftup.jp)
ご希望の方は、下記にしたがって入手ください。

  1. 下記にメールアドレスをご登録ください
  2. 登録後、ダウンロードページに移動します。
  3. レポートファイルへのリンクで右クリックし、「対象をファイルに保存…」を選択し、保存先を指定してください。
  4. レポートが保存されますのでご覧ください(AcrobatReaderが必要です)。
  5. 登録いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード手順を記入したメールが自動的に届きます。混雑などでダウンロードページがうまく開かなかった場合は、そちらをご参照ください。
  6. 過去にメールアドレスを登録いただいた方には、別途バックナンバーも含めて、直接ダウンロードできるページをご案内いたします。

■レポートをダウンロードしたい方は下記にメールアドレスを入力し、「レポートを入手」ボタンを押してください。

メールアドレス:

なお、上記で入力されたアドレスは、(特)情報社会生活研究所が管理し、本レポートのお届けに関連する目的にのみ利用します。その他の目的で利用したり、第三者に譲渡したりすることはありません。
『情報社会生活マンスリーレポート』は、情報力を高めるメール情報誌『今日の雑学α(アルファ)』をもとに編集したものです。

たびらぼメンバーズご入会のご案内

たびらぼメンバーズは、兵庫丹波地域での田舎体験の普及をめざす有志の集まりです。
田舎体験関連施設のご担当者や旅行関連の事業者様はもちろん、農林業に関わっていらっしゃる方々、自然体験や田舎の伝統を指導いただける方々、地産地消や丹波地域の情報発信に取り組んでいらっしゃる方々、都市農村交流に取り組んでいらっしゃるNPO様や地域団体の方々など、幅広いご参加を歓迎します。
入会に伴う義務はなく、会費は無料です。
情報交換ネットワークとしてご活用いただき、連携・協力を生むことで、豊かな田舎体験をお客様に届けることを目指しています。また、事務局までご相談いただければ、専門家の派遣等、必要に応じたご支援をいたします(支援内容によっては有料のものもあります)。
ご入会申込は、下記よりお願いいたします。
■たびらぼメンバーズ入会申込書

氏名


※必須

ふりがな


※必須

所属

個人の場合は職業名または「個人」とご記入ください。


※必須

肩書

住所

※必須
電話番号


※必須

メールアドレス


※必須

ホームページ

自己紹介

田舎体験関連の取り組み内容など



※必須

記載拒否項目

下記のうち会員一覧への記載を拒否される項目にチェックください。なお、氏名(ふりがな)・所属と自己紹介は拒否できません。(会員一覧は会員のみに公開します)

住所
電話番号
メールアドレス
ホームページ

※ご記入いただいた内容のうち、「お名前」「所属」「自己紹介」は、メンバー相互の連携促進のため、会員一覧表としてメンバーに公開いたします。それ以外の項目について、メンバー表への掲載を希望されない場合は、可否をご指定ください。なお、会員以外に公開することはありません。

地域再生システム論―「現場からの政策決定」時代へ

地域再生システム論―「現場からの政策決定」時代へ 現場からの政策決定。
本書では、端的にはそれは「構造特区制度」を意味している。地域の主体から提案を受けつけ、それらは「価値がある」ものという前提に立ち、できない理由ではなく実現する方法を探るという基本で行われ、審査情報も公開していく。
その特区制度の特徴や、今後のあり方を探ったのが本書だ。 続きを読む

2008年度田舎暮らしフォーラムご案内

田舎暮らし見本市

夢への一歩、田舎暮らし実践編。
この2年間、大阪、神戸、西宮、宝塚で体験者が語る《田舎暮らしフォーラム》を開催してきましたが、第6回は、地元丹波で、受け入れ側を招いた《見本市》形式のフォーラムです。田舎暮らしに夢を託す移住者の期待と、薄れゆく地域の伝統や暮らしを都市住民との交流で活性化したい地元のニーズとのマッチングが今回のテーマです。
【お申込受付終了しました】
大納言小豆入り柏餅プレゼント! ※数に限りがあります。
【日時】6月7日(土)午前11時―午後4時
【会場】丹波の森公苑
【参加】無料
■丹波の味屋台開設 11:00―13:30
丹波大納言小豆のお赤飯、鹿肉しぐれなどのおかずセット、とふめしなど、丹波産にこだわった軽食や、ヨーグルト、黒豆茶、ブルーベリー、お漬け物、採れたて野菜など、移住者が丹波の味覚にほれて提供する各種商品を販売。餅つきやそば打ち、ケーナ演奏など楽しいイベントや、お子様向けの田舎遊び体験コーナーもあります。お昼をはさんでゆっくりお越しください。
■第6回たんば・田舎暮らしフォーラム「ようこそたんばへ」 13:30―15:00
【出演】

東芦田集落

茅葺民家とはす園の「江古花園」、都市農村交流拠点「ごりんかん」のほか、完熟桃のオーナー制度など、地域あげて村おこしに取り組んでいる元気な集落です。

宮ノ前集落

丹波黒大豆の最高峰「波部黒」の産地。30世帯の小集落ですがお祭りや宴会が大好きで、農業ボランティアを通じて都市との交流にも力を入れ、これが縁で仲間入りする移住者もでてきました。

古民家再生プロジェクト(NPOたんばぐみ)

NPOを中心に、専門家の指導を受けながら古民家をボランティアで再生、次のオーナーに引き渡しています。

大山振興会

里山オーナー制度を導入、都市部の方々が楽しみながら里山を整備したり、市民農園を運営したりして、地域と交流を深めています。

まちともりの生活アトリエネットワーク協議会

丹波地域の団体と都市部の団体が結成。共生循環型のまちづくりを目指して交流プロジェクトを行っています。


【コーディネーター】
小森星児

神戸商科大学名誉教授。自身も神戸と篠山市との二地域居住を楽しむ。たんば・田舎暮らしフォーラム実行委員会委員長。


【定員】150名(ご予約をお願いします)
※フォーラムの時間帯、お子様預かりいたします。
■同時開催「尋ねる・触れる田舎暮らし」 11:00―16:00
2階会場では、各種の田舎体験の案内展示や、田舎暮らし関連企業・団体の出展コーナーも設置し、ステップにあわせた各種の情報をお届けしています。
<篠山市・丹波市による田舎暮らし相談所も開設します!>
「田舎暮らし」相談会:2階交流会場

篠山市・丹波市による田舎暮らし相談所、丹波地域ビジョン委員会による田舎暮らし案内所を開設。お気軽にお声がけください。移住者らも、フォーラム終了後、会場に合流します。

「田舎体験」見本市:2階サブ会場

田舎体験サイト「たびらぼ」の協力により、「田舎体験」を提供している諸団体からの情報提供を行っています。農業体験から森林体験、わらぞうり作りから地産地消レストラン、農家民宿まで、情報いろいろ揃っています。

「田舎に住まう」見本市:2階サブ会場

家探しや田舎暮らしに必要な道具類など、丹波に住もうと考えたときに欠かせない情報を、各企業・団体からの協賛ブースを設け、案内しています。お気軽にお立ち寄りください。

「田舎の遊び」体験コーナー:1階広場など

お子様に大人気の草遊びや木くずを利用した工作など、田舎の遊びを講師といっしょに楽しみましょう。


【お申込受付終了しました】
【会場地図】

大きな地図で見る
主催:たんば・田舎暮らしフォーラム実行委員会、財団法人兵庫丹波の森協会
後援:兵庫県丹波県民局、篠山市、丹波市、丹波篠山観光協会、丹波市観光協会、丹波地域ビジョン委員会
(特)宝塚NPOセンター、生活協同組合コープこうべ、(社)関西ニュービジネス協議会、(特)ふるさと回帰支援センター
神戸新聞社、丹波新聞社 (予定)
お問合せ:(財)兵庫丹波の森協会 田舎暮らしフォーラム係 0795-73-0933(月曜定休)

<私たち>の場所―消費社会から市民社会をとりもどす

“私たち”の場所―消費社会から市民社会をとりもどす 副題には、消費社会によって市民社会が奪われてしまったという含意がある。その思いが今の自分にすごくフィットしていたのが、本書を手にした理由。
市民社会、それは「あなたと私」の相互関係を調整する空間。国家でも市場でもない「第三の領域」だと、バーバーはいう。
彼は市民社会を三つの型に分類する。リバタリアンのモデルとコミュニタリアンのモデル、そして強靭な民主主義のモデルだ。バーバーが目指すのはこうち最後の型。 続きを読む

地域づくりの新潮流―スローシティ/アグリツーリズモ/ネットワーク

地域づくりの新潮流―スローシティ/アグリツーリズモ/ネットワーク 副題に並ぶ3つのキーワード。いずれも気になるテーマである。
まずはおさらいしておこう。スローシティ。この母体はご存知「スローフード運動」だ。スローフード運動は、1986年にマクドナルドがローマのスペイン広場に進出するという計画を聞いたイタリアのジャーナリスト、カルロ・ペトリーニらが、これを阻止する運動を始めたのがきっかけ。
スローシティは、やはりイタリアで生まれ「チッタズロー」と呼ばれるものだが、1998年にスローフード協会年次集会に同席したブラ市、グレーベ・イン・キアンティ市、オルビエト市、ポジターノ市の四市長が意気投合して、スローフードの精神をまちづくりに適用しようと始めたもの。現在では世界中で50を超える都市がスローシティとして認証されているという。 続きを読む

マンスリーレポート第4号発行しました

『情報社会生活マンスリーレポート』2008年第4号をお届けします。
1ヶ月の情報社会生活関連の最新動向をコンパクトにまとめたレポートです。PDF形式で無料でダウンロードできます。ぜひご一読ください。
【主な内容】
巻頭コラム(2ページ)
クリップ紹介(8ページ)【見本画像
新サイト紹介(2ページ)
新語紹介(2ページ)【見本画像
お問合せ先:情報社会生活研究所 事務局(jimu@shiftup.jp)
ご希望の方は、下記にしたがって入手ください。

  1. 下記にメールアドレスをご登録ください
  2. 登録後、ダウンロードページに移動します。
  3. レポートファイルへのリンクで右クリックし、「対象をファイルに保存…」を選択し、保存先を指定してください。
  4. レポートが保存されますのでご覧ください(AcrobatReaderが必要です)。
  5. 登録いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード手順を記入したメールが自動的に届きます。混雑などでダウンロードページがうまく開かなかった場合は、そちらをご参照ください。
  6. 過去にメールアドレスを登録いただいた方には、別途バックナンバーも含めて、直接ダウンロードできるページをご案内いたします。

■レポートをダウンロードしたい方は下記にメールアドレスを入力し、「レポートを入手」ボタンを押してください。

メールアドレス:

なお、上記で入力されたアドレスは、(特)情報社会生活研究所が管理し、本レポートのお届けに関連する目的にのみ利用します。その他の目的で利用したり、第三者に譲渡したりすることはありません。
『情報社会生活マンスリーレポート』は、情報力を高めるメール情報誌『今日の雑学α(アルファ)』をもとに編集したものです。

連帯と承認―グローバル化と個人化の中の福祉国家

連帯と承認―グローバル化と個人化のなかの福祉国家 日本はどこに行こうとしているのだろう。グローバル化、個人化を前提とした改革が進められた後、格差の解消が言われる現在は、あるいは福祉国家であろうとしているのか。そんな思いから、これはまさに副題にひかれて手にした本だ。
福祉国家という言葉を、精密に理解していたわけではない。本書を通じて、あらためてその概念を整理していった。たとえば、福祉国家は、まず国家目標として存在すること。そしてその手段として、給付国家としての側面と、規制国家としての側面があること。 続きを読む

『情報社会生活クロニクル2008』を発刊しました

2007年度の情報社会生活に関する最新動向をコンパクトにまとめた小冊子、最新版が完成しました。
クロニクル2008
300にのぼる情報源を、すべてURLつきで紹介。消費者動向から経営や経済の現況、インターネットの現状まで、幅広い情報源から拾った最新の情報を、主要情報は見どころを図式化して紹介しています。注目の新サービスや気になる新語、最先端の課題に迫る特集も充実。2007年の新刊紹介も含め、今を語るに必須の情報源を知るのに最適です。
企画書のお伴に、研究の参考に、奥深いインターネット情報への手引きとして、ぜひご利用ください。
詳しくは下記をご覧ください。
情報社会生活クロニクル

テレビだョ!全員集合―自作自演の1970年代

テレビだョ!全員集合―自作自演の1970年代 何度かテレビカメラの前に立ったことがある。
「カメラ目線ですか」「いえ自然な様子で」というわけで、あえてテレビカメラを見ないようにしてしゃべる、ところが、テレビカメラのある風景を普通に考えれば、むしろカメラが気になってそちらを見るほうが自然だったりする。とすると今の自分は「自然な様子」と言えるのかどうか。
こうして、そもそも「映される」という非日常が介入した時点で、映された風景は「日常の風景」から遠ざかる。
だから、テレビが真実を映し出すもの、ということをぼくは信じていない。 続きを読む

近代論―危機の時代のアルシーヴ

近代論―危機の時代のアルシーヴ アルシーヴって言葉は知らなかった。安藤さんによれば、フーコーが『言葉と物』で見出し、『知の考古学』で発展させた概念だという。もともとは古文書や公文書、あるいはそれらを保管しておく施設を意味していたそうだが、フーコーはそれをあらゆる書物を混在させたまま収蔵するという意味で使用した。
安藤さんは、近代という時代を、あらゆるものが一つになろうとしている時代ととらえる。一元的な価値が貫かれるとともに、それに伴って固有の価値をめぐる紛争が勃発する時代。それが近代だと。 続きを読む

地域主権型道州制―日本の新しい「国のかたち」

地域主権型道州制―日本の新しい「国のかたち」  (PHP新書) まちおこしをやっていると、ときどき無力感にとらわれることがある。なるほど、観光収入を増やしたり、農産物のオンライン販売をしたりと、一定の効果を生む事業はあるだろう。成功している地域も少なくない。しかし、それが持続的なまちおこしにつながるのか。結局、大きなところで、東京への一極集中をとめることはできない。そんな風に考える瞬間がある。
先日もある地域情報化の集まりで、ほんとうに地域情報化は成功したのか、と問いかけた。いま、ぼくの地域でもADSLが開通し、光こそ使えないけれど、一応のブロードバンドが利用できるようになった。元気に活動しているNPOもあって、情報発信意欲も低い方ではない。
同じような状況が、日本各地で見られる状況になった。 続きを読む

情報社会生活レポート2008年3号発行

『情報社会生活マンスリーレポート』2008年第3号をお届けします。
1ヶ月の情報社会生活関連の最新動向をコンパクトにまとめたレポートです。PDF形式で無料でダウンロードできます。ぜひご一読ください。
【主な内容】
巻頭コラム(2ページ)
クリップ紹介(8ページ)【見本画像
新サイト紹介(2ページ)
新語紹介(2ページ)【見本画像
お問合せ先:情報社会生活研究所 事務局(jimu@shiftup.jp)
ご希望の方は、下記にしたがって入手ください。

  1. 下記にメールアドレスをご登録ください
  2. 登録後、ダウンロードページに移動します。
  3. レポートファイルへのリンクで右クリックし、「対象をファイルに保存…」を選択し、保存先を指定してください。
  4. レポートが保存されますのでご覧ください(AcrobatReaderが必要です)。
  5. 登録いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード手順を記入したメールが自動的に届きます。混雑などでダウンロードページがうまく開かなかった場合は、そちらをご参照ください。
  6. 過去にメールアドレスを登録いただいた方には、別途バックナンバーも含めて、直接ダウンロードできるページをご案内いたします。

■レポートをダウンロードしたい方は下記にメールアドレスを入力し、「レポートを入手」ボタンを押してください。

メールアドレス:

なお、上記で入力されたアドレスは、(特)情報社会生活研究所が管理し、本レポートのお届けに関連する目的にのみ利用します。その他の目的で利用したり、第三者に譲渡したりすることはありません。
『情報社会生活マンスリーレポート』は、情報力を高めるメール情報誌『今日の雑学α(アルファ)』をもとに編集したものです。

さらば、“近代民主主義”―政治概念のポスト近代革命

さらば、“近代民主主義” 副題にあるように、ネグリがいわば自らの思想を総ざらえしながら、現代における政治的概念を読み解いていく。それが「革命」であるのは、ぼくたちが慣れてきた「近代」の枠組みを破壊し、その後(ポスト)にくる枠組みの構築を目指しているからだ。
ところで、現代の社会を位置づけるのに、近代の延長か(ハイパーモダン)、近代の終焉か(ポストモダン)という二つの立場がある。ネグリはもちろん後者なのだが、彼によると、近代とポスト近代を分かつのは次の3つの事象だという。
続きを読む

普通の家族がいちばん怖い―徹底調査!破滅する日本の食卓

普通の家族がいちばん怖い―徹底調査!破滅する日本の食卓 徹底調査。223世帯に対して、自分の家のおせち料理とクリスマス料理をレポートしてもらう、しかも嘘をつけないように、写真とともに。
そこから見えたのは「破滅する日本の食卓」だと、岩村暢子さんは言う。
着眼点の良い調査だ。どちらも家族で過ごすものという通念があるふたつのイベントを比較する。同じような行事であるはずなのに、一方はエンタテイメントと化したクリスマス、一方は失われる伝統となったお正月。
もっとも、これはたしかに怖い本である。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る