ホーム > 過去の事業

過去の事業のアーカイブ

哲学カフェ「肌触り」編の冒頭発表を公開します

哲学カフェシーズン2の丹波市編では、冒頭にどなたか一人から発表をいただいて、それをきかっけに議論を進めるというスタイルをとっています。

先日の「肌触り」編では、皮膚科医でもある里先生から、冒頭プレゼンテーションをいただきました。ご本人の許諾を得て、その原稿を公開いたします。 続きを読む

今後の哲学カフェ開催予定

今後の哲学カフェですが、丹波市での開催と篠山市での開催を統合して開催していくことにしました。

これに伴って、篠山での開催も当初計画から変更部分がありますので、ご了承ください。 続きを読む

たんば哲学カフェ、開催しました

12月21日(水)、たんば哲学カフェを開催しました。

年末のあわただしい中、そして風邪でお休みという方もいらっしゃいましたが、9人の参加を得て、ゆったりと進行しました。 続きを読む

たんば哲学カフェ、12月21日(水)「肌ざわり」開催

好評のうちに始まったたんば哲学カフェ第2シーズン。

12月は氷上町石生駅近くの「里庵」で行います。今回も、ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。

  • 日時:12月21日(水)19時半~21時半
  • 場所:里庵(丹波市氷上町石生)
  • 参加費:500円
  • テーマ:「肌ざわり」
  • 駐車場:里歯科医院横(兵庫県丹波市氷上町石生840−1)

続きを読む

丹波篠山哲学カフェ開催しました

篠山市での初めての哲学カフェを、15日夜、無事、開催することができました。

テーマは「いきる」。丹波市からの常連さんもいらしていただいて、10人余りで楽しく過ごしました。 続きを読む

丹波農業グランプリ締め切りました

農家 - イラスト素材

丹波農業グランプリの応募締め切りを迎え、このほど実行委員会で応募作品の確認を行いました。 続きを読む

哲学カフェ、篠山市で開催!

みなさま、シーズン2に入った丹波市での哲学カフェですが、こんど、篠山市で開催することになりました!

篠山市民プラザさんとクリエイティブカフェさんの協力をいただいて開催します。ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。

  • 日時:12月15日(木)19時~21時
  • 場所:篠山市民センター1階 クリエイティブカフェ
  • 参加費:500円
  • テーマ:「つくる」

続きを読む

丹波農業グランプリ応募受付中!

このほど、丹波農業グランプリ実行委員会を設立し、第1回の丹波農業グランプリを開催することになりました。

子供に夢を与え、地域を元気にし、環境にも配慮する、そんな元気な農業者の方々、ぜひ、多数のご応募をお待ちしています。

  • 応募締切:11月30日(水) 必着
  • 応募資格:丹波市を拠点とする農業者ないし農業者団体、あるいはそれら農業者・団体と協働
    して事業を行っている人や団体。
  • 結果発表:1月下旬
  • 応募方法:裏面の応募用紙に必要事項を記入し、実行委員会構成各団体を通して応募、または下記事務局まで郵送してください(締切日必着)。Web サイトから、メールを利用しての応募も受け付けます。

続きを読む

たんば哲学カフェシーズン2、11月16日(水)開幕

みなさま、お待たせしました!

たんば哲学カフェのシーズン2、いよいよ11月よりスタートします。今回からがらりとスタイルも変わりますが、ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。

  • 日時:11月16日(水)19時半~21時半
  • 場所:渓水工房(丹波市春日町黒井1724)【渓水工房ウェブサイト
  • 参加費:500円
  • テーマ:「アート」

続きを読む

第10回哲学カフェ「日本人」納涼開催(^^

通算10回目、第1シーズン最後の哲学カフェは、特別編として、納涼花火大会を楽しみながら、「日本人」を肴に語り合います。みなさん、ご参加ください。

続きを読む

第9回哲学カフェ「偶然と必然」開催!

通算9回目の哲学カフェ、テーマは、「偶然と必然(世界は偶然か?)」です。みなさん、ご参加ください。

続きを読む

第8回哲学カフェ「生きる」開催!

通算8回目の哲学カフェ、テーマは、「生きる」です。みなさん、ご参加ください。

前回より会場が「春日住民センター」になっています。お間違え無いよう、ご注意ください。
続きを読む

第7回哲学カフェ「ネットワーク」開催!

さて、いよいよ新年度に入り、初めての哲学カフェになります。

今回から、哲学カフェは、金曜の夜開催を基本にさせていただきます。

そして、その第1回(通算7回目)のテーマは、「ネットワーク」です。みなさん、ご参加ください。

会場を「春日住民センター」に変更しています。お間違え無いよう、ご注意ください。
続きを読む

第6回哲学カフェは「学び」です!

参加者の顔ぶれも広がって、にぎやかさを増してきた哲学カフェ。
第6回のテーマは「学び」。卒業、新入学のシーズンということで選んだテーマですが、教育問題を語ることも「学び」なら、生涯教育も「学び」。乳児の成長にも「学び」があるし、人工知能だって「学び」に関係します。あるいは日々の気づきこそ「学び」かもしれません。あなたは、どんな「学び」を語りますか?
続きを読む

第5回哲学カフェ「愛」を語りあいましょう!

あなたは哲学に何を期待しますか? 生きるヒント? あるいは社会変革の理論? 足元の課題に取り組む一方で、少し抽象度を上げて語ることで、世の中の見通しがすっと良くなることがあります。
哲学カフェは、互いに自由に語り合うなかで、そんな知的な興奮を求める場です。敷居は高くありませんが、哲学の語源どおり、「知を愛する」あなたのための場でありたいと願っています。
第4回のテーマは「社会と個人-権利を通して-」。なんだか論文みたいなタイトル、との声もありましたが、みなさんで権利を語り合うなかで、社会と個人の関係について考えてみたいと思います。
権利って何でしょう。どんな権利がありえる、あるいはありえないのでしょうか。そもそも権利は何のためにあるのでしょうか。それぞれの考えをお持ちよりください。

たんば哲学カフェ 第5回

日 時:2011年2月16日(水) 19時-21時半
場 所:ハートフルかすが(丹波市春日町黒井1500)
参加費:無料※
テーマ:「愛」
恋愛、隣人愛、郷土愛、自己愛、神の愛。愛国、愛人、愛車、愛読、愛妻。世にあふれる「愛」に違いはあるのでしょうか。何かを「愛する」とはどういうことでしょうか。人間にとって、社会にとって、「愛」は必要なのでしょうか。愛の季節に、愛について、振り返ってみませんか。

発起人:桑野博彰(新聞社記者)、高嶋正晴(大学教員)、小橋昭彦(NPO法人代表)
主催(お問い合わせ):特定非営利活動法人情報社会生活研究所
電 話:0795-75-0835(三尾情報館内)
メール:kobashi@shiftup.jp(小橋)
※参加費は無料ですが、今回の活動にご協力いただける皆様には、NPO活動へのご支援(賛助会費1口2,000円)をいただければ幸いです。(必須ではありません)
【参加者の声より】
「非常に楽しかったです。自分が言いたいことばかりですみません。」
「このような仲間が居てくれることで、日々悶々と悩み考えていた事をアウトプット出来る場として、とても有難いし貴重。」
「なかなかこういった場がないので、刺激になり、おもしろかったです。」
「このような場をつくって下さり、ありがとうございます。今日のために本を読めたこともよかったです。」
「面白すぎます。具体的には説明できませんが。テーマがよかったのか、かゆいところをかいてもらった気がします。」
「色々な方の話が聞けてよかった。おすすめ本の紹介もナイス。」

第4回哲学カフェのご案内

あなたは哲学に何を期待しますか? 生きるヒント? あるいは社会変革の理論? 足元の課題に取り組む一方で、少し抽象度を上げて語ることで、世の中の見通しがすっと良くなることがあります。
哲学カフェは、互いに自由に語り合うなかで、そんな知的な興奮を求める場です。敷居は高くありませんが、哲学の語源どおり、「知を愛する」あなたのための場でありたいと願っています。
第4回のテーマは「社会と個人-権利を通して-」。なんだか論文みたいなタイトル、との声もありましたが、みなさんで権利を語り合うなかで、社会と個人の関係について考えてみたいと思います。
権利って何でしょう。どんな権利がありえる、あるいはありえないのでしょうか。そもそも権利は何のためにあるのでしょうか。それぞれの考えをお持ちよりください。

たんば哲学カフェ 第4回

日 時:2011年1月12日(水) 19時-21時半
場 所:ハートフルかすが(丹波市春日町黒井1500)
参加費:無料※
テーマ:「社会と個人-権利を通して-」
権利とは何でしょうか。どんな権利がありえる、あるいはありえないのでしょうか。そもそも権利は何のためにあるのでしょうか。それぞれの考えをお持ちよりください。

発起人:桑野博彰(新聞社記者)、高嶋正晴(大学教員)、小橋昭彦(NPO法人代表)
主催(お問い合わせ):特定非営利活動法人情報社会生活研究所
電 話:0795-75-0835(三尾情報館内)
メール:kobashi@shiftup.jp(小橋)
※参加費は無料ですが、今回の活動にご協力いただける皆様には、NPO活動へのご支援(賛助会費1口2,000円)をいただければ幸いです。(必須ではありません)
【参加者の声より】
「非常に楽しかったです。自分が言いたいことばかりですみません。」
「このような仲間が居てくれることで、日々悶々と悩み考えていた事をアウトプット出来る場として、とても有難いし貴重。」
「なかなかこういった場がないので、刺激になり、おもしろかったです。」
「このような場をつくって下さり、ありがとうございます。今日のために本を読めたこともよかったです。」
「面白すぎます。具体的には説明できませんが。テーマがよかったのか、かゆいところをかいてもらった気がします。」
「色々な方の話が聞けてよかった。おすすめ本の紹介もナイス。」

第3回哲学カフェのご案内

あなたは哲学に何を期待しますか? 生きるヒント? あるいは社会変革の理論? 足元の課題に取り組む一方で、少し抽象度を上げて語ることで、世の中の見通しがすっと良くなることがあります。
哲学カフェは、互いに自由に語り合うなかで、そんな知的な興奮を求める場です。敷居は高くありませんが、哲学の語源どおり、「知を愛する」あなたのための場でありたいと願っています。
今回は、年末とあって、ちょっと早めにきりあげて、その後忘年会をしたいと思います。参加希望の方、ご連絡くださいね!

たんば哲学カフェ 第3回

日 時:12月8日(水) 19時-20時半
場 所:ハートフルかすが(丹波市春日町黒井1500)
参加費:無料※
テーマ:「ことしいちばん<哲学>した本」
この一年、あなたが読まれた本の中で、「テツガクしたなあ」と思う書籍を一冊、お持ち寄りください。人生について考えた、社会について考えた、恋について考えた、宇宙について考えた、虫や花について考えた、なんでも結構です。会場でご紹介していただきます。

哲学忘年会

日 時:哲学カフェ終了後
場 所:辻よし(丹波市春日町野山370-1、74-0801)
参加費:4,500円
飲み物料金も含みます。多くのご参加をお待ちしています。参加希望者はご連絡ください。

発起人:桑野博彰(新聞社記者)、高嶋正晴(大学教員)、小橋昭彦(NPO法人代表)
主催(お問い合わせ):特定非営利活動法人情報社会生活研究所
電 話:0795-75-0835(三尾情報館内)
メール:kobashi@shiftup.jp(小橋)
※参加費は無料ですが、今回の活動にご協力いただける皆様には、NPO活動へのご支援(賛助会費1口2,000円)をいただければ幸いです。(必須ではありません)
【参加者の声より】
「非常に楽しかったです。自分が言いたいことばかりですみません。」
「このような仲間が居てくれることで、日々悶々と悩み考えていた事をアウトプット出来る場として、とても有難いし貴重。」
「なかなかこういった場がないので、刺激になり、おもしろかったです。」
「このような場をつくって下さり、ありがとうございます。今日のために本を読めたこともよかったです。」
「面白すぎます。具体的には説明できませんが。テーマがよかったのか、かゆいところをかいてもらった気がします。」
「色々な方の話が聞けてよかった。おすすめ本の紹介もナイス。」

哲学カフェ第2回開催します

あなたは哲学に何を期待しますか? 生きるヒント? あるいは社会変革の理論? 足元の課題に取り組む一方で、少し抽象度を上げて語ることで、世の中の見通しがすっと良くなることがあります。
哲学カフェは、互いに自由に語り合うなかで、そんな知的な興奮を求める場です。敷居は高くありませんが、哲学の語源どおり、「知を愛する」あなたのための場でありたいと願っています。
1回目は、およそ15名の参加、みなさんから、たいへん好評でした。ぜひ、より多くのご参加をお待ちしています。

たんば哲学カフェ 第2回

日 時:11月10日(水) 19時-21時
場 所:ハートフルかすが(丹波市春日町黒井1500)
参加費:無料※
テーマ:「健康」
あなたは健康ですか? そもそも、健康であるということはどういうことでしょう? また、健康であることは幸せなことでしょうか? では、健康でない人は……? 健康を切り口に、よく生きることの意味を考えたいと思います。

発起人:桑野博彰(新聞社記者)、高嶋正晴(大学教員)、小橋昭彦(NPO法人代表)
主催(お問い合わせ):特定非営利活動法人情報社会生活研究所
電 話:0795-75-0835(三尾情報館内)
メール:kobashi@shiftup.jp(小橋)
※参加費は無料ですが、今回の活動にご協力いただける皆様には、NPO活動へのご支援(賛助会費1口2,000円)をいただければ幸いです。(必須ではありません)
【チラシダウンロード】
A4サイズのチラシを準備しました。「こちらのPDF」よりダウンロードしてください。
【参加者の声より】
「非常に楽しかったです。自分が言いたいことばかりですみません。」
「このような仲間が居てくれることで、日々悶々と悩み考えていた事をアウトプット出来る場として、とても有難いし貴重。」
「なかなかこういった場がないので、刺激になり、おもしろかったです。」
「このような場をつくって下さり、ありがとうございます。今日のために本を読めたこともよかったです。」
「面白すぎます。具体的には説明できませんが。テーマがよかったのか、かゆいところをかいてもらった気がします。」
「色々な方の話が聞けてよかった。おすすめ本の紹介もナイス。」

哲学カフェを開催します

あなたは哲学に何を期待しますか? 生きるヒント? あるいは社会変革の理論? 足元の課題に取り組む一方で、少し抽象度を上げて語ることで、世の中の見通しがすっと良くなることがあります。
哲学カフェは、互いに自由に語り合うなかで、そんな知的な興奮を求める場です。敷居は高くありませんが、哲学の語源どおり、「知を愛する」あなたのための場でありたいと願っています。
皆様、ぜひご参加ください。

たんば哲学カフェ 第1回

日 時:10月13日(水) 19時-21時
場 所:ハートフルかすが(丹波市春日町黒井1500)
参加費:無料※
テーマ:「哲学」
あなたにとって「哲学」とは何ですか? これはという一冊をご持参いただき、書籍紹介と共に、ご自身の哲学観をご披露ください。

発起人:桑野博彰(新聞社記者)、高嶋正晴(大学教員)、小橋昭彦(NPO法人代表)
主催(お問い合わせ):特定非営利活動法人情報社会生活研究所
電 話:0795-75-0835(三尾情報館内)
メール:kobashi@shiftup.jp(小橋)
※参加費は無料ですが、今回の活動の継続にご興味をお持ちいただいた皆様には、NPO法人情報社会生活研究所への会員登録(年会費3,000円)をいただければ幸いです。(必須ではありません)
【チラシダウンロード】
A4サイズのチラシを準備しました。「こちらのPDF」よりダウンロードしてください。

Twitter講習会

丹波市で初めてのツイッター講習会が開催されました。さっそくフォローして投稿する姿も、丹波市からの#tanbaツイートを増やし大きな流れを作りましょう。
2/25(木)丹波市青垣町 神楽の里会館で19:30~21:00開催しました全員でパソコン画面を見ながら登録までしましたが?同時に登録するとなぜかうまくいかないのはアクセスが集中するからかな。大盛況!
SANY4582.jpg

3/5(金)丹波市柏原町 丹波新聞社 19時~21時 40名参加で3階会議室が熱気でむんむんナウ!
オフ会も盛り上がりました
SANY4631.jpg
3/6(土)丹波新聞社 10時~12時 23名全体を通じて20代?70代まで年齢層が広範囲で関心の広まりは結構ある手ごたえです。
SANY4633.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8

ホーム > 過去の事業

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る